2019年11月22日

雑文すら書く余裕が…なくなってきた…

はい、順調にとどこっております。
色々並行している仕事と作業が大杉なんです……( ;∀;)

しばらくイベントの作業の方を優先させるので、
もし編集中の「エネミー&仲魔一覧」を見たいようでしたら、こちらをどうぞ。(しばらくは増えないと思いますので)

※ただしすべて検証途中なので、検証の結果、数値が変わる場合もあります
※仲魔用の発動確率・効果内容があっても仲魔にならないものも
※「-」も入れてないだけなので、「ある」とも「ない」ともまだ言えませぬ
※発動スキルがあるエネミーも全部入れられてません
※色もまだ
※改行もまだ
※いろいろまだ

(あくまで、やりかけでもいいから、ちょっと見たい〜 という人用)
posted by MMT運営チーム at 22:29| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

緋勇龍麻 の問題点(3)+仲魔効果表抜きだし

追記です( ;∀;)

あと一つミスが発覚! またもや【秘拳・白虎】です。

仲魔効果の発動を10カウントに変更することにより、20ターン内で何とかギリギリ発動…が成功したのですよね。
  ↓
緋勇龍麻 の問題点(2)

(成功しないこともあるがそれは運が悪いだけ……)

そして、発動表示は

緋勇龍麻「【秘拳・白虎】!」
[エネミー] を投げ、打ち込み、全体重をかけるッ!
エネミー「グハッ!」
[エネミー] の残りHP は 1 だ!
[プレイヤー] はダメージを 無効化 する!

となりました。でも実際は…… 

エネミーでなくプレイヤーのHPが1になりました。
もう一度ソースを見ると、HPを1にする部分の変数が「キャラクター」のものになっている……。
間違ってるやん! 緋勇龍麻サン、仲魔の方攻撃してるやん!

……こちらも修正し、現在は期待通りにエネミー側がHP1になるようになりました。
おそらく、過去世界から《1度も発動していない》ので、誰も気づかなかったのだと思われます。

どっとはらい。続きを読む
posted by MMT運営チーム at 18:47| Comment(0) | システム更新(不具合) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緋勇龍麻 の問題点(2)(現在解消しました)

引き続き、緋勇龍麻の仲魔効果についてです。(長かったので分割)

緋勇龍麻 の問題点(1)と同じ不具合がでておりました。
その後、モンスター効果版は「分岐の優先順位」を変え、修正したプログラムで問題なく発動するようになりました。

しかし、仲魔効果版は、【秘拳・白虎】が出ないままだったのです。
封印効果はともかくとして、19ターン目に発動するという【秘拳・白虎】が出ないのは困る。
また一覧が嘘になってしまう。



で、またもや某さんに仕事の合間にチェック作業をしてもらった……と。

問題点は、「仲魔効果」の発動確率にありました。
続きを読む
posted by MMT運営チーム at 17:58| Comment(0) | システム更新(効果) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緋勇龍麻 の問題点(1)(現在解消しました)

表題の緋勇龍麻ですが、某さん調査(モンスの特殊効果メモ2)によると
緋勇龍麻 特殊
毎ターン入手率10ダウン。
PLの最大HPを1万アップさせる。
被ダメを1/10(端数切捨て)にする。
与ダメに100万追加する。
戦闘中1度だけ、PLの腕力を(1〜10)アップさせ、PLの現在HPを1/2化する。
以下の条件により変化
1.PLのレベルが10以下なら、与ダメにモンスの最大HPと現在HPを追加する。
2.19ターン目なら、PLの現在HPを1とし、被ダメを0とする。
3.モンスの現在HPが100万以上なら、与ダメにモンスの最大HPを追加し、モンスの現在HPに最大HPを追加する。
4.被ダメが1000万以上なら、与ダメに100万追加、被ダメを1/2(端数切捨て)にする。
5.1/6でPLの所持金を与ダメに追加する。

です。

常時発動部分が
・入手率10ダウン。
・PLの最大HPを1万アップ
・被ダメを1/10(端数切捨て)
・与ダメに100万追加

一度だけが
・PLの腕力を(1〜10)アップさせ、PLの現在HPを1/2化する

条件によりけりが
1.PLのレベルが10以下なら、与ダメにモンスの最大HPと現在HPを追加する。
2.19ターン目なら、PLの現在HPを1とし、被ダメを0とする。
3.モンスの現在HPが100万以上未満なら、与ダメにモンスの最大HPを追加し、モンスの現在HPが最大HPを追加すになる。
4.被ダメが1000万以上なら、与ダメに100万追加、被ダメを1/2(端数切捨て)にする。
5.1/6でPLの所持金を与ダメに追加する。

※訂正は違ってたところです、コードではこうなってた

現在の発動時の文字表現はわかりにくいので、とりあえず【スキル名】+説明に変更したのが以下。続きを読む
posted by MMT運営チーム at 17:15| Comment(0) | システム更新(不具合) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネミー&仲魔スキル表作成中

そろそろ次のイベント準備をして、お知らせもお届けしたい…のに、まだモンス&仲魔効果に手こずっています。

モンスター効果ソースを確認し → 発動を検証 → 結果を表にまとめ
→【スキル】と文章を考える → 考えたものをソースに追加
→ その発動で表示をチェック → 微調整

というステップで行うのですが、ややこしい効果だと、1日1個が限界……
というわけで、そろそろイベント準備の方を優先しようかと思いつつ。



某さんには許可を頂きましたが、やはり「モンスター効果」という名称がしっくりこないので、
それぞれ発動する特殊効果は、モンスターの【スキル】であると定義づけをし直しております。
とはいっても、表示する文章内に【】で名前をつけてるだけですが。

今まではフレーバーっぽいテキストだけが表示されていて、名前がなかった発動効果も【】で名前を付け、それの一覧をまとめているという次第。

続きを読む
ラベル:変更用メモ
posted by MMT運営チーム at 13:19| Comment(0) | 萌たんたん雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

間違いやすい表記 その1

入手率が10アップする! 入手率が10ダウンする!


1/20→1/10 増える 上がる アップ 増やす 上げる
1/10→1/20 減る 下がる ダウン 減らす 下げる

入手率アップの武器 →いい武器
入手率ダウンの効果 →悪い効果


入手難易度」と混同しやすいので注意
1/20→1/10 「入手難易度が」下がる ダウン
1/10→1/20 「入手難易度が」上がる アップ

ラベル:表示 変更用メモ
posted by MMT運営チーム at 17:07| Comment(0) | 萌たんたん雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誤読を誘う謎表記 その1

変更用めも。


「プレイヤー」の 攻撃ダメージ が @@増加した!!


プレイヤーが敵に攻撃した与ダメージ or プレイヤーにあたった被ダメージ 増えたのはどっちやねん!!!

→ プレイヤーの攻撃ダメージでした。 プレイヤー被ダメ、エネミー与ダメ
  増加したの色が up 色 この場合は被ダメだから、悪い色 down 色



ラベル:表示
posted by MMT運営チーム at 17:05| Comment(0) | 萌たんたん雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドロップアイテムがおかしい その1

メモがてら…


《デカラビア》ドロップアイテム:「妖精の鱗粉」


《デカラビア》
wikiでの説明

召喚すると、最初は五芒星の姿で現れるが、召喚者が命じれば人の姿になる。
薬草や宝石の効能を詳しく知っている。
鳥の姿をした使い魔を与えてくれ、その使い魔は召喚者の前で本物の鳥同様に飛び、歌い、水を飲むという。

『ゴエティア』 72人の魔神の一人、30軍団を従える序列69番の地獄の大侯爵。
『悪魔の偽王国』王にして伯爵。アスタリスクの姿で現れる
『地獄の辞典』ブエル同様、五つ光の星形で現われる

妖精要素はどこ?

《妖精》ドロップアイテム:なにも落とさない & 某さんが設定したと思われる「リンゴ」

デカラビアと妖精=同じダンジョンに出る…… オイっ 設定行ずれてないかっ 

ラベル:アイテム
posted by MMT運営チーム at 13:39| Comment(0) | 萌たんたん雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

名前が種族か 名称とイラストに関すること

どんどん疑問が出てきて垂れ流し中です。


「@@という名称のモンスターが発動させる」というモンスターのスキルがありますよね。
まだ館では「効果」の欄に載っていますが。
そこでの疑問です。


名前からして、その《種族》であるだろうに、(種族といっていいかどうかの議論はまた別になりますが)
そのスキルを使わせてもらえない悲しい方々のお話。


例えば天使。

天使という名称がついていれば、「プレイヤーと敵の受けるダメージが同じになり、互いの現在HPを、相手の最大HPと交換する」という効果が1/3で発動します。

送還天使・大天使アト・ハム天使・神天使・上級天使は発動します。なぜなら「天使」と書いてあるから。
大天使ガブリエルも発動します。なぜなら「天使」と書いてあるから。

でも……セラフは、ヴァーチャーは、ドミニオンは発動しません。
エンジェルもトロネ(ソロネ?)もパワーも発動しません。
何で?……「天使」と書いてないから。

天界戦士は、有翼人なだけで天使じゃない、と定義づけてもいいのです。
でも、でもね……

熾天使=Seraphim セラフフィム
智天使=Cherubim ケルビム
座天使=Thrones ソロネ、スローンズ
主天使=Dominion ドミニオン
力天使=Virtues ヴァーチャーズ
能天使=Powers パワーズ
権天使=Principalities プリンシパリティーズ
大天使=Archangels アークエンジェル
天使=Angels エンジェル

なんですよ、使えない方が変じゃない?
何故……種族としては《天使》と思われるのに、名称がないだけで、そのモンスタースキルを使わせてもらえないのか……

MMTに種族という概念がないから、ですね。
面倒くさいが、つけたければ名前につけるしかない。

セラフなのに、下位の「天使」が使えるモンスタースキルが使えないのはモヤるので、
私としては「名称を整理してスキルが使えるようにする」つもりです。
ついでに、イラストも変えるかもしれません。

設定厨といわれようがモヤるものはモヤるのだ(開き直り)
続きを読む
ラベル:表示 変更用メモ
posted by MMT運営チーム at 12:59| Comment(0) | 萌たんたん雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

セリフがある or ない どっちがいいか?

(さらに垂れ流しの雑文)

そういえば皆さんは フレーバーテキスト って知ってるでしょうか。

TCG=トレーディングカードゲームにおける用語で、カードに書かれたテキストでも「ゲームの進行そのものには関係しない、もっぱら雰囲気づくりのために用意されているような文章」のことです。こういうやつね、↓

フレイバーテキスト二十選

2019年現在のWebゲームなら、テキストに頼らなくとも、発動した効果・エフェクトなどはそれこそ「絵」で見せればよい。
しかし、MMTはカードゲームではないけれど、どちらかというと「戦闘結果の文章を読む」ことで、イメージを膨らませ、楽しむ部分が多い。エフェクトの「絵」は少なめですね。なので、フレーバーテキストというものが必要となってくる。

しかし、これもバランスが難しいところですね。
入れすぎると目にウルサイ。
しかし少なすぎると、寂しい。

スキルが発動する or 発動させるときには、ぜひキャラクターにはしゃべってもらいたい。
だって必殺技なんだぜぇ〜、そこで技を唱えないで、世界の声だけが、何かを説明してるのなんて……寂しくない?
続きを読む
posted by MMT運営チーム at 11:04| Comment(0) | 萌たんたん雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする