2009年07月20日

抽選会場の抽選について

毎回、施設へのアクセスのたびに以下のようなことをしています。

1.日付・曜日・時間帯などを元にベースとなる定義ファイルを決定
2.複数定義されている特別抽選機用データから1件
3.30件以上定義されている汎用抽選機用データから11件
4.ピックアップしたデータをランダム配置
5.抽選を実行

ベースとなる定義ファイルは10+α
各定義ファイル内の特別抽選機用データは2−5件
各定義ファイル内の汎用抽選機用データ30−70件前後


宝石の出やすい・消耗品の多い・レアモノが多い などいろいろなパターンが混ざっていますヨ^^


ランダムはある程度予測が付きつつも、細部までは判らないのが楽しいと思っているので
そのような仕様にしてあります。


posted by MMT運営チーム at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | システム更新(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。